子宮頸がん検診をうけることで、子宮頸がんの早期発見につなげる事ができます。

子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルス感染により発症すると言われています。

このウィルス感染は性感染症の性行為によって感染します。

今まで一度も性交渉の経験がない方は、原則的に子宮頸がん検診は必要ないと言われています。性交開始前に、HPVワクチン接種をお勧めしています。

当院ではHPVワクチン接種も受付けておりますのでお電話でお問い合わせください。